洞窟について紹介

地下の世界への最も魅力的な訪問(洞窟について紹介)

Krizna cave

クリジナー鍾乳洞はブロスコー、ロッジカルストフィールド、ツェルクニツァフィールドの領域の下に位置する8273メートルの洞窟システムです。洞窟の入り口はブロスコーポリシァ町から約1.5キロメートルの場所に位置しています。洞窟は近くの聖十字架教会(セント・クリジャ教会)の名をとって名付けられました。これは制御されたアクセスを有する公開的な洞窟で、観光洞窟として知られています。それはスロベニアにおける環境に有害なコンクリート経路や照明装置を有しない観光洞窟の一つです。ヨーロッパと世界で一番美しい保存状態の洞窟の一つであると考えられています。

洞窟はエメラルドグリーンの水と地下湖のチェーンを提供しています。生物多様性において、洞窟は世界の4番目に大きい既知の生態系であると考えられています。洞窟への最初のエントリは1832年に記載されていたが、洞窟に16世紀からの壁の碑文は発見されました。洞窟の水部は1926年にスロベニアの洞窟探索家によって探索されました。

カルバリー(カルヴァリヤ – 洞窟の中で最も美しい場所であると考えられている)で、洞窟は2つのトンネル、北のマディパッセージ(泥だらけのトンネル)と北東のカラフルパッセージ(カラフル通路)、に分かれます。マディパッセージを通る通路は滑りやすい泥によってより行きにくくなっているので、洞窟探検家は通常にカラフルパッセージを通って、継続することを選択しました。このパスは洞窟で最大の場所であるクリスタル・マウンテン(結晶山)につながります。

Beneški pristan od spodaj